日本の歴史を、時代を問わずに語っていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第35代皇極天皇
今回は(こうぎょくてんのう)についてお話したいと思います。
皇極天皇は重祚されて、第37代斉明天皇にもなられました。


*諱(いみな)を宝皇女(たからひめ)、天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと)
、天豊財重日足姫尊(あめとよたからいかしひたらしひめのみこと)も申し上げます。
*実名を漢字表記した名前を諱(いみな)という


父…押坂彦人大兄皇子の子・茅渟王(ちぬのおおきみ)
母…*吉備姫王(きびひめのおおきみ)の長女として生まれました。

*吉備姫王は欽明天皇の孫にあたります。

最初、高向王と結婚し、漢皇子を産みますが、後に舒明天皇の皇后となり、中大兄皇子(のちの天智天皇)、
間人皇女(孝徳天皇皇后)、大海人皇子(天武天皇)を産みました。

舒明天皇崩御、継嗣の皇子となる皇子(中大兄皇子、古人大兄皇子、山背大兄王と皇位継承者が並びたったため)が定まらず、
皇位継承の争いを避けるため、舒明天皇の皇后であった宝皇女が、皇極天皇として即位しました。
推古天皇から一代後の、女帝となります。

皇極天皇の治世には天変地異が絶えず、皇極元年6月、長い日照りが続いた為、群臣らによる雨乞いが行わましたが効果がなく、
大臣蘇我蝦夷が諸寺に命じ、大乗経典を読み上げてみたものの、わずかしか雨が降りませんでした。
そこで皇極天皇が南淵の川上で跪き、四方を拝し、天に祈ったところ、雷鳴と共に大雨が降り、5日間降り続け、地を潤したの
で、民や百姓は天皇の徳をたたえたといいます。

また、この当時は、土木工事も盛んに行われました。

その一方で、蘇我氏の専横が目に余るものになり、天皇家をないがしろにした上、病気がちになった蘇我蝦夷に代わり、子の入鹿
が密かに紫冠を抱いて大臣の地位になぞらえ、古人大兄皇子を天皇に擁立せんと山背大兄王一族を滅亡へと追い込みました。
入鹿のあまりにも傍若無人な行為に、父の蝦夷でさせ、蘇我氏の将来を憂えたようです。

蘇我氏の反感は募るばかりです。特に、皇極天皇を母に、舒明天皇を父にもつ中大兄皇子の心中はいかがなものだったのでしょうか。
さて、これから大化の改心へと繋がるのですが、あまりにも有名なお話なので、ここでは割愛致します。どうぞご了承ください。

舞台は一転して、蘇我入鹿が刃に倒れながら、皇極天皇に助けを求めます。
皇極天皇は、中大兄皇子に真意を尋ね、そのまま御簾の中にお隠れになりました。そして、その後、退位され、同母弟である孝徳
天皇が即位されました。

孝徳天皇の皇后には、皇極天皇の皇女である間人皇女がおなりになりました。

はい、今回はここまでにさせて頂きます。どうもありがとうございました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。