日本の歴史を、時代を問わずに語っていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第41代 持統天皇
過ぎて夏来(きた)るらし白たへの衣(ころも)乾(ほ)したり天(あめ)の香具山


皆様、この歌葉ご存知でしょうか。ご存知百人一首に登場致します。
持統天皇のお歌です。
百人一首の持統天皇の絵柄は十二単を着ていらっしゃいますが、時代的に考えれば唐風の装束を身に着けていらしたはずです。

高松塚古墳の壁画のような装束を思い浮かべて頂けばいいかと思います。

さて、皆様が持統天皇にお持ちになるイメージはどんな感じでしょうか。
天武天皇崩御後、我が子の皇太子・草壁皇子を天皇とするために、同母姉の遺児であった大津皇子を謀反の罪で葬り去った、張本人。
なんて、イメージをお持ちの方は、お出ででしょうか?

男性には、女傑といったイメージが先立って、北条政子さん同様、あまりお好きでない方が多いように思います。

正直申しますと、大津皇子の熱烈なるファンでございます私も、ちょっとムムム…でございました(苦笑)
しかし、今は違います。
偉大な女帝だと考えを改めました。

前置きが長くなりましたが、それではどうぞ持統天皇のお話についてお付き合い下さいませ。

持統天皇は、名は鸕野讚良(うののさらら)皇女、諡(おくりな)は「高天原広野姫天皇」(たかあまのはらのひろぬのすめらみこと)、「大倭根子天之広野日女」(やまとねこあめのひろのひめ)と申し上げます。

父は、天智天皇
母は、蘇我倉山田石川麻呂の娘・遠智娘(とおちのいらつめ)
大化元年(645年)に生誕しました。

同母姉の大田皇女がいます。

斉明天皇三年(657年)、13歳で、姉の大田皇女の夫でもある叔父の大海人皇子の后となりました。
当時は叔父姪の結婚は当たり前で、大海人皇子は、大田皇女、鸕野讚良皇女の異母妹である皇女をふたり妃にしています。

天智天皇は、弟である大海人皇子に、実に4人の娘を妃として娶わせました。身分の高い男性が多くの妻を娶るのが普通の時代とはいえ、大海人皇子は他にもたくさんの妃がいますが、天智天皇は大層、大海人皇子に気を遣っているように思います。
とっても不思議ですね。


さて、長くなりましたので今日はこの辺で失礼します。
どうぞ次回をお楽しみにお待ち下さいませ。

ありがとうございます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。