日本の歴史を、時代を問わずに語っていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持統天皇 その二
持統天皇について触れる前に、横道に、ちょっとそれます。

天武天皇は、天智天皇の弟、孝徳天皇の皇后・間人皇女の兄であり、同母兄妹となっていますが、
即位年、没年から推定すると天智天皇より年上になってしまいます。
さて、後に壬申の乱が、天智天皇の没後、天武天皇と天智天皇の皇子・大友皇子で起こります。
国内最大の内乱と言ってもいい、壬申の乱が起こった訳はもっと根のふかい理由があったかもしれません。

参考までに、大友皇子の妃は、天武天皇と額田王との間に生まれた十市皇女です。

天武天皇の皇子女と、天智天皇の皇子女は多くが婚姻関係にあります。
当時、同母兄弟は婚姻できませんでしたが、
異母兄弟なら婚姻できました。
一度、系図をご覧になることをお勧めします。とても複雑に入り組んでします。

はい、本題に入ります。


持統天皇と、姉の大田皇女は、父の手によって祖父の蘇我倉山田石川麻呂が滅ぼされ、それが原因で、病に伏した母と死別します。
亡二人には、健皇子という弟がいましたが、幼くして亡くなりました。
父方の祖母である斉明天皇の元に、引き取られた二人は
成人すると、叔父の大海人皇子の妃となりました。



大田皇女…大伯皇女・大津皇子
持統天皇…草壁皇子

天武天皇として大海人皇子が即位した時、既に大田皇女は亡くなっていたので、持統天皇が皇后となります。
所生の草壁皇子が皇太子となりますが、異母弟の大津皇子が人物的にも優れていた為、人臣の期待はいやがうえにも大津皇子に集まります。

大津皇子は、持統天皇にとっては姉・大田皇女の忘れ形見の皇子であり、
母方からみれば、実の甥、
父方からみれば、草壁皇子の異母弟、
しかも、たった一才違いとなれば、複雑な思いを抱いたことでしょう。

その他にも、天武天皇は、天智天皇の皇女や廷臣の娘を後宮に入れ、多くの皇子女が生まれています。
ですが、血統的にみて、草壁皇子の最大のライバルは、大津皇子ただ一人でした。

天武天皇も、大津皇子を、次の天皇にという考えを持っていたようです。
もし、
歴史に、『もし』はありませんが、
父・天武天皇が病で崩御しなければ、大津皇子が天皇として即位したかもしれません。

天武天皇崩御後の、持統天皇の動きは、すばやく、
大津皇子謀反として、皇子は捕らえられ、処刑されます。

大津皇子の妃である山辺皇女が、その後を追ったのも悲しいお話です。


最大のライバル・大津皇子を葬り、何の障害もなくなったはずなのに、その2年後、今度は草壁皇子や病で亡くなります。

持統天皇の胸に、どんな思いが去来したのか?
草壁皇子の忘れ形見である、軽皇子(かるのみこ)に、天皇即位の夢をえがいたのか、持統天皇自ら、天皇として即位します。

持統天皇の誕生です。

それでは、今回は、これまでにしとうございます。
(ここに、書きましたのは、あくまでもひとつの意見です。気楽にお読み頂けると嬉しいです)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。