日本の歴史を、時代を問わずに語っていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
推古天皇 その一
今回は第33代推古天皇
のお話をしたいと思います。

皆様、 推古天皇と聞けば何を思い出すでしょうか。聖徳太子、蘇我馬子を思い出す方も多いかと思います。
このお二人が、政治の表舞台に出ているので、天皇様としては影の薄い存在かもしれませんね。

推古天皇は、額田部に所領をお持ちになっていたので額田部皇女と呼ばれていました。また、日本書紀では、豊御食炊屋姫天皇(とよみけかしきやひめすめらみこと)、古事記では、豊御食炊屋比売(とよみけかしきやひめのみこと)と申し上げます。
名前の漢字から想像すると料理の得意な女性であったかと思われます。または、神に御食を奉じる、巫女的な存在だったのしょうか。


推古天皇は、欽明天皇と蘇我堅塩姫の間の第4子で、用明天皇の同母妹、斉明天皇の祖父の桜井皇子の同母姉になり、崇峻天皇の異母姉にあたります。

また、蘇我氏の側から見ると、推古天皇の母・堅塩姫は蘇我馬子の姉に、崇峻天皇の母・蘇我小姉君は妹にあたります。
馬子と推古天皇は叔父姪になります。

聖徳太子の側から見ると、父・用明天皇の同母妹ですから叔母であり、母・穴穂部皇女の異母姉妹で、しかも母親同士が姉妹なので従姉妹同士で……ああ、この辺でこんがらがって参りました。
下記に表してみたのでご参照下さい。

蘇我堅塩姫――欽明天皇
皇子女
用明天皇(在位585~587)、磐隈皇女(伊勢斎宮)、臘嘴鳥皇子、
推古天皇(在位592~628、敏達天皇后)、椀子皇子、大宅皇女、
石上部皇子、山背皇子、大伴皇女、桜井皇子、肩野皇女、橘本稚皇子、
舎人皇女

蘇我小姉君――欽明天皇
皇子女
茨城皇子、葛城皇子、穴穂部間人皇女(用明天皇后)、穴穂部間人皇子、崇峻天皇(在位587~592)

ところが推古天皇と聖徳太子の繋がりはこれだけではありません。
長女の菟道貝鮹皇女(うじのかいたこのひめみこ、菟道磯津貝皇女・静貝王)は聖徳太子の正妃になっています。ただ、皇女との間に子供はなく、 皇女も早く亡くなったようです。
この皇女の他に、孫にあたる位奈部橘王(いなべのたちばな)が妃になっています。おふたりの間には白髪部王と手島女王が生まれています。

長くなりましたので、今日はここまでに致します。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。