日本の歴史を、時代を問わずに語っていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万葉集3
皆さん、こんにちは。
16日に宮城県沖で地震がございました。
心からお見舞い申し上げます。


それにしても最近、地震が多いですね。7月にも東京で地震があったばかり、
あの時は、大学のスクーリングがあって東京のお台場に来ていました。
いざ帰ろうと思ったら、電車が不通で復旧の見通しなしと言われましたが、
家も家族も無事と連絡が取れたので、慌てて駅前のホテルに駆け込みました。

空き部屋があったので泊まれましたが、危うく野宿する所でした。
次の日も、朝早くからスクーリングがあったので、泊まって正解でした。
もし家まで歩いて帰ったら、2日はかかったでしょうか?
やっぱり地震は怖いです(><)


それでは万葉集シリーズ・第三弾です。

今回は大津皇子を取り巻く人々の歌で参りましょう。


大津皇子には同母姉の大伯皇女がいます。
父・大海人皇子が天皇に即位した時、伊勢の斎王となりました。


斎王が*退下(たいげ)するのは、天皇が崩御したり、譲位して代替わりになった時、
または斎王の父が天皇以外で、どちらか両親が亡くなった時、
あるいは身内から謀反人が出た時や斎宮自身が罪を犯した時(男性と通じる)は、事故とされ都に連れ戻されます。

退下…斎王が任を解かれ都に帰ることを言います。

伊勢の斎宮は男子禁制で、姉弟といえども会うことは許されません。
父・天武天皇が崩御し後、皇太子草壁皇子を天皇に冊立しとうとする皇后と大津皇子の間は最悪の状態になっています。
禁忌を犯して、弟の大津皇子は大伯皇女に会いに行きました。

この時、大津皇子は何を思っていたのでしょうか。


伊勢を去る大津皇子を見送りながら、大伯皇女が詠んだ歌が四首あります。

その内の一首を今日はご紹介します。



我が背子を 大和へ遣ると さ夜更けて 暁露に  我立ち濡れし

【読み】わがせこを やまとにやると、さよふけて あかときつゆに、われたちぬれし


【意味】私のいとしい弟を大和へやってしまうのを見送りつづけていると、夜も更け、朝方の露に濡れてしまった。



大和に戻った大津皇子の運命を痛いほど分かっている大伯皇女の心情が切々と歌われています。
大好きな万葉集の一首です。

それでは今日はこの辺で失礼します。
最後までお付き合いくださってありがとうございました。

次回をどうぞお楽しみにお待ちください。

スポンサーサイト
万葉集2
皆さん、こんにちは。

今回は情熱的な唄をご紹介しようと思います。

大船の 津守が占に 告らむとは まさしに知りて 我がふたり寝し
                             大津皇子

《補足》
大津皇子は天武天皇の第三皇子になります。
母は大田皇女で、天武天皇の皇后・鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)の後の持統天皇の同母姉に当たります。

母・大田皇女は既に亡くなっていましたが、生きていたら、天武天皇の皇后になっていたかも知れません。
その上、一歳年上の皇太子・草壁皇子とは、父方から見れば異母兄弟、母方から見れば従兄弟同士になります。
しかも草壁皇子は病弱でしたが、大津皇子は秀才で、その上、美丈夫、人々の注目は否が応でも大津皇子に集まります。
草壁皇子の母、皇后・鵜野讃良皇女の胸中は複雑でした。


はい、では唄に戻ります。
「我がふたり寝し」とありますが、これは大津皇子が草壁皇子が想いを寄せた石川郎女(大名児)と枕を供にした、結婚したという意味です。

津守の占いによって世間に知られることを分かっていながら、それでも私達ふたりは結婚した。

うーん、なんと情熱な唄だと思いませんか?
詠んでるだけで、胸がドキドキしちゃいます。

それでは今日はこれで失礼します。
万葉集1
皆さん、こんにちは。最近、天候が大荒れでございます。
これも温暖化が影響しているのでしょうか。
どうぞ十分お気をつけて、お体をご自愛下さい。

毎日、絡みつくような暑さがつづいていますが、ここで気分を一新して、夏の暑い日々に『万葉集』などいかがでしょうか。
万葉集は恋の歌がたくさん唄われて、じーんと胸に迫るものがあります。

古の大宮人の華やかな零囲気を味わって行きたいと思います。
どうぞよろしくお付き合いくださいませ。


では記念すべき第一首目の歌は、こちらです。


夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ
                      読み人知らず


夏の野原の茂みの中に、人に知られる事なくひっそりと咲いている姫百合のように
私の恋は知る人は誰もいない。なんて苦しくて堪らないのだろう。

すごく情熱的な歌だと思いませんか。一目見て気に入ってしまいました。
誰も知らない恋、きっと片思いなのでしょうね。
その苦しい胸の内を、野に咲く姫百合に託すなんて、思わず感動のため息を付きました。


詠めば詠むほど、ジーンときます。
夏の暑い最中、情景をうかべるだけでうっとりしてしまう私です。


華霞香祐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。