日本の歴史を、時代を問わずに語っていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持統天皇 その二
持統天皇について触れる前に、横道に、ちょっとそれます。

天武天皇は、天智天皇の弟、孝徳天皇の皇后・間人皇女の兄であり、同母兄妹となっていますが、
即位年、没年から推定すると天智天皇より年上になってしまいます。
さて、後に壬申の乱が、天智天皇の没後、天武天皇と天智天皇の皇子・大友皇子で起こります。
国内最大の内乱と言ってもいい、壬申の乱が起こった訳はもっと根のふかい理由があったかもしれません。

参考までに、大友皇子の妃は、天武天皇と額田王との間に生まれた十市皇女です。

天武天皇の皇子女と、天智天皇の皇子女は多くが婚姻関係にあります。
当時、同母兄弟は婚姻できませんでしたが、
異母兄弟なら婚姻できました。
一度、系図をご覧になることをお勧めします。とても複雑に入り組んでします。

はい、本題に入ります。


持統天皇と、姉の大田皇女は、父の手によって祖父の蘇我倉山田石川麻呂が滅ぼされ、それが原因で、病に伏した母と死別します。
亡二人には、健皇子という弟がいましたが、幼くして亡くなりました。
父方の祖母である斉明天皇の元に、引き取られた二人は
成人すると、叔父の大海人皇子の妃となりました。



大田皇女…大伯皇女・大津皇子
持統天皇…草壁皇子

天武天皇として大海人皇子が即位した時、既に大田皇女は亡くなっていたので、持統天皇が皇后となります。
所生の草壁皇子が皇太子となりますが、異母弟の大津皇子が人物的にも優れていた為、人臣の期待はいやがうえにも大津皇子に集まります。

大津皇子は、持統天皇にとっては姉・大田皇女の忘れ形見の皇子であり、
母方からみれば、実の甥、
父方からみれば、草壁皇子の異母弟、
しかも、たった一才違いとなれば、複雑な思いを抱いたことでしょう。

その他にも、天武天皇は、天智天皇の皇女や廷臣の娘を後宮に入れ、多くの皇子女が生まれています。
ですが、血統的にみて、草壁皇子の最大のライバルは、大津皇子ただ一人でした。

天武天皇も、大津皇子を、次の天皇にという考えを持っていたようです。
もし、
歴史に、『もし』はありませんが、
父・天武天皇が病で崩御しなければ、大津皇子が天皇として即位したかもしれません。

天武天皇崩御後の、持統天皇の動きは、すばやく、
大津皇子謀反として、皇子は捕らえられ、処刑されます。

大津皇子の妃である山辺皇女が、その後を追ったのも悲しいお話です。


最大のライバル・大津皇子を葬り、何の障害もなくなったはずなのに、その2年後、今度は草壁皇子や病で亡くなります。

持統天皇の胸に、どんな思いが去来したのか?
草壁皇子の忘れ形見である、軽皇子(かるのみこ)に、天皇即位の夢をえがいたのか、持統天皇自ら、天皇として即位します。

持統天皇の誕生です。

それでは、今回は、これまでにしとうございます。
(ここに、書きましたのは、あくまでもひとつの意見です。気楽にお読み頂けると嬉しいです)


スポンサーサイト
第41代 持統天皇
過ぎて夏来(きた)るらし白たへの衣(ころも)乾(ほ)したり天(あめ)の香具山


皆様、この歌葉ご存知でしょうか。ご存知百人一首に登場致します。
持統天皇のお歌です。
百人一首の持統天皇の絵柄は十二単を着ていらっしゃいますが、時代的に考えれば唐風の装束を身に着けていらしたはずです。

高松塚古墳の壁画のような装束を思い浮かべて頂けばいいかと思います。

さて、皆様が持統天皇にお持ちになるイメージはどんな感じでしょうか。
天武天皇崩御後、我が子の皇太子・草壁皇子を天皇とするために、同母姉の遺児であった大津皇子を謀反の罪で葬り去った、張本人。
なんて、イメージをお持ちの方は、お出ででしょうか?

男性には、女傑といったイメージが先立って、北条政子さん同様、あまりお好きでない方が多いように思います。

正直申しますと、大津皇子の熱烈なるファンでございます私も、ちょっとムムム…でございました(苦笑)
しかし、今は違います。
偉大な女帝だと考えを改めました。

前置きが長くなりましたが、それではどうぞ持統天皇のお話についてお付き合い下さいませ。

持統天皇は、名は鸕野讚良(うののさらら)皇女、諡(おくりな)は「高天原広野姫天皇」(たかあまのはらのひろぬのすめらみこと)、「大倭根子天之広野日女」(やまとねこあめのひろのひめ)と申し上げます。

父は、天智天皇
母は、蘇我倉山田石川麻呂の娘・遠智娘(とおちのいらつめ)
大化元年(645年)に生誕しました。

同母姉の大田皇女がいます。

斉明天皇三年(657年)、13歳で、姉の大田皇女の夫でもある叔父の大海人皇子の后となりました。
当時は叔父姪の結婚は当たり前で、大海人皇子は、大田皇女、鸕野讚良皇女の異母妹である皇女をふたり妃にしています。

天智天皇は、弟である大海人皇子に、実に4人の娘を妃として娶わせました。身分の高い男性が多くの妻を娶るのが普通の時代とはいえ、大海人皇子は他にもたくさんの妃がいますが、天智天皇は大層、大海人皇子に気を遣っているように思います。
とっても不思議ですね。


さて、長くなりましたので今日はこの辺で失礼します。
どうぞ次回をお楽しみにお待ち下さいませ。

ありがとうございます。

第37代 斉明天皇
皆様、こんにちは。前回は第35代皇極天皇のお話を致しました。
今回は、重祚されて斉明天皇となった宝皇女(たからひめ)のお話をさせて頂きます。

大化の改心後、孝徳天皇が即位され、都も難波に線とされましたが、皇太子・中大兄皇子と孝徳天皇の間が思わしくなく、やがて中大兄皇子は、母・妹(間人皇后)・皇族・廷臣を引き連れ、明日香に戻ってしまします。

ひとり難波に残された孝徳天皇は失意の内に崩御されました。

本来なら、孝徳天皇の跡を継ぐのは皇太子である中大兄皇子のはずでしたが、母・宝皇女が再度、登極し、第37代斉明天皇とおなりになりました。

登極後の業績として、皇宮・板蓋宮炎上後に川原宮に移り、さらに岡本宮を復興したほか、別邸である両槻宮・吉野宮の造営など大規模な土木工事を行いました。

とりわけ香具山の西から石上山に至る溝渠は「狂心の渠(たわぶれごころのみぞ)」と謗られました。

その上、旅行を好み紀温湯・吉野・近江比良に行幸するなど、数々の土木工事では民に多大な苦役を負担させ、数々の旅行は、民に大きな不満を抱かせました。

在位5年目の(660年)に百済が、唐と新羅によって滅ぼされた。
百済の滅亡と遺民の抗戦を知ると、人質として日本に滞在していた百済王子豊璋を百済に送りました。百済を援けるため、難波で武器と船舶を作らせ、さらに瀬戸内海を西に渡り、筑紫の朝倉宮に居て戦争に備えましたが、遠征の軍が発する前に崩御されました。

筑紫の朝倉宮造成にあたって、神木を切ったために、天皇が病気にかかられたなどの話が密やかに伝わります。
また、斉明天皇の葬列を鬼が覗き込んでいたという話も伝わっています。

また、皇極・斉明天皇は、お子達である中大兄皇子と間人皇女の仲にも、大層お悩みになりました。
当時、異母兄妹であれば結婚できましたが、同母兄妹の結婚は決して許されませんでした。

数々の土木工事も、実際は天皇を隠れ蓑に、皇太子・中大兄皇子がされたものともいわれます。

わが子である中大兄皇子を母として、どのようにご覧になっていたのでしょうか…


それではこの辺で失礼します。
次回は第41代持統天皇のお話になります。

第35代皇極天皇
今回は(こうぎょくてんのう)についてお話したいと思います。
皇極天皇は重祚されて、第37代斉明天皇にもなられました。


*諱(いみな)を宝皇女(たからひめ)、天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと)
、天豊財重日足姫尊(あめとよたからいかしひたらしひめのみこと)も申し上げます。
*実名を漢字表記した名前を諱(いみな)という


父…押坂彦人大兄皇子の子・茅渟王(ちぬのおおきみ)
母…*吉備姫王(きびひめのおおきみ)の長女として生まれました。

*吉備姫王は欽明天皇の孫にあたります。

最初、高向王と結婚し、漢皇子を産みますが、後に舒明天皇の皇后となり、中大兄皇子(のちの天智天皇)、
間人皇女(孝徳天皇皇后)、大海人皇子(天武天皇)を産みました。

舒明天皇崩御、継嗣の皇子となる皇子(中大兄皇子、古人大兄皇子、山背大兄王と皇位継承者が並びたったため)が定まらず、
皇位継承の争いを避けるため、舒明天皇の皇后であった宝皇女が、皇極天皇として即位しました。
推古天皇から一代後の、女帝となります。

皇極天皇の治世には天変地異が絶えず、皇極元年6月、長い日照りが続いた為、群臣らによる雨乞いが行わましたが効果がなく、
大臣蘇我蝦夷が諸寺に命じ、大乗経典を読み上げてみたものの、わずかしか雨が降りませんでした。
そこで皇極天皇が南淵の川上で跪き、四方を拝し、天に祈ったところ、雷鳴と共に大雨が降り、5日間降り続け、地を潤したの
で、民や百姓は天皇の徳をたたえたといいます。

また、この当時は、土木工事も盛んに行われました。

その一方で、蘇我氏の専横が目に余るものになり、天皇家をないがしろにした上、病気がちになった蘇我蝦夷に代わり、子の入鹿
が密かに紫冠を抱いて大臣の地位になぞらえ、古人大兄皇子を天皇に擁立せんと山背大兄王一族を滅亡へと追い込みました。
入鹿のあまりにも傍若無人な行為に、父の蝦夷でさせ、蘇我氏の将来を憂えたようです。

蘇我氏の反感は募るばかりです。特に、皇極天皇を母に、舒明天皇を父にもつ中大兄皇子の心中はいかがなものだったのでしょうか。
さて、これから大化の改心へと繋がるのですが、あまりにも有名なお話なので、ここでは割愛致します。どうぞご了承ください。

舞台は一転して、蘇我入鹿が刃に倒れながら、皇極天皇に助けを求めます。
皇極天皇は、中大兄皇子に真意を尋ね、そのまま御簾の中にお隠れになりました。そして、その後、退位され、同母弟である孝徳
天皇が即位されました。

孝徳天皇の皇后には、皇極天皇の皇女である間人皇女がおなりになりました。

はい、今回はここまでにさせて頂きます。どうもありがとうございました。


推古天皇 その二
皆さん、こんにちは。前回に引き続きまして、推古天皇のお話です。

推古天皇は、敏達天皇の大后(皇后)広姫がお亡くなりになった後、大后(皇后)になりました。
敏達天皇は父:欽明天皇の第二皇子で、母石は姫皇女(いしひめ:宣化天皇の娘)です。推古天皇とは異母兄妹の間柄になります。

推古天皇――敏達天皇

皇子女
竹田皇子、尾張皇子、菟道貝蛸皇女、小墾田皇女、軽守皇女、田眼皇女、桜井弓張皇女

残念ながら、二人の間に生まれ皇子女は表舞台には出てきません。長男にあたる竹田皇子も早く亡くなったようです。

さて、敏達天皇の後に、用明天皇(聖徳太子の父天皇)が皇位を継ぎますが、在位2年にして亡くなってしまいます。
当時は、長子相続となっておらず、また、母親の身分によって皇位を継ぐ皇子の順位が決まっていました。
皇位に名乗りを上げたのは、用明天皇の大后(皇后) 穴穂部皇女の同母弟である穴穂部皇子でした。

穴穂部皇子は廃仏派の物部氏と通じていました。当然、崇仏派の蘇我氏はおもしろくありません。その上、額田部皇女(推古天皇)は*敏達天皇殯宮事件で、穴穂部皇子を毛嫌いしています。

*敏達天皇殯宮事件

皇位を自分のものにしようとした穴穂部皇子が、敏達天皇の殯宮に籠もっていた推古天皇(当時は大后)に、強引に迫ろうとし、殯宮を守っていた三輪逆(みわのさかし)に追い払われた事件。
**殯宮…天皇・皇族の棺を葬儀が執り行われるまで、仮に安置しておく御殿。あらきのみや。もがりのみやという

ここに確執が生まれます。
とうとう、穴穂部皇子は誅され、物部氏と蘇我氏の間に戦いが生じます。戦いは蘇我氏の勝利に終わり、皇太后であった額田部皇女(推古天皇)が詔を下して泊瀬部皇子(崇峻天皇)に即位を命じましたが、五年後には、馬子の指図により崇峻天皇が暗殺されてしまいます。翌月、先々代の皇后であった額田部皇女(推古天皇)が、馬子に請われて、豊浦宮において即位しました。推古天皇の誕生です。

甥にあたる聖徳太子は皇太子となり、摂政として、蘇我馬子と共に政治面を補佐しました。その後、622年に聖徳太子が亡くなり、626年に蘇我馬子が亡くなり、推古天皇の晩年は寂しいものだったと思われます。
そして、628年3月7日、推古天皇崩御亡、75歳でした。

死の前日、田村皇子、山背大兄王を枕元に呼び、それぞれに遺言を残しますが、後継者は指名しませんでした
それが原因となり、田村皇子、山背大兄王との間に皇位継承争いが生じ、敗れた山背大兄王は蘇我蝦夷による襲撃を受け、斑鳩寺に逃れ、一族20人もろとも自害します。これにより聖徳太子の嫡流は滅びてしまいます。

田村皇子…父・押坂彦人大兄皇子(敏達天皇皇子)、母・糠手姫皇女。
山背大兄王…父・聖徳太子(厩戸皇子)、母・蘇我刀自古郎女(蘇我馬子の娘)

その後、蘇我氏がどうなったかは、皆さんもご存知の通りです。

次回は皇極・斉明天皇のお話です。


☆お奨め本
【漫画】
日出処の天子・馬屋古女王……山岸涼子
聖徳太子        ……池田理代子


【黒岩重吾作品より】
紅蓮の女王 小説推古女帝  
斑鳩王の慟哭       
聖徳太子 日と影の王子 全4巻
斑鳩宮始末記
磐舟の光芒 物部守屋と蘇我馬子 上・下

推古天皇 斑鳩に桃李咲く……三枝和子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。